スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉まん

俺、ガタイがいいだけのブサメン、これ大前提な
大学生のころゼミが一緒になった人らが親睦会しようって、
日曜日の夕方に駅の近くで待ち合わせしてたんだ
でも待てども待てども誰も来なくて、二時間ぐらい待ってたかな
幹事の携帯に電話したら電源入ってないって言われるし、
メアドは聞いてないから途方に暮れてた

         

そしたらDQNなタバコ加えたギャル男とギャル女タチに絡まれて
「なぁニーチャン、何やってんのw」
「ずっと立ってるよなw」
「すっぽかされた?」
「じゃあ金余ってるよな?」
と年下からカツアゲされた

あー、カーチャンから友達できたから飲みのお金貸してって頼んで、
カーチャンが喜んで差し出してくれた金だからなー
ぜってー渡したくねーなー
と死んだ心で考えてた
てかDQNってマジ腰パンに手突っ込んでガムクチャクチャさせてんのな
ピアスギラギラだけどがに股だから俺よりかなり目線が低くてあんまり怖くなかった
でも人数で押し負けてるし、どうするかな、男なのに叫び声とかないな
と3秒程考えていると

「ゆっくんおまたせーゴメンね!長引いちゃって!早く行こ!」
とヒールを履いたスラリ長身の美人なオネーサンが俺のところまで来た
もちろん知らない人
オネーサンはDQNを押しのけて俺の腕を掴んだが、
180ある俺と目線が殆ど変わらなかった
呆気にとられているとオネーサンは俺を引っ張り歩き出す
ついでに俺に話しかけてたDQNの足をヒールでむにっと踏んで
「ふふ」と言っていた
「これで歩けないね」と耳打ちしてたオネーサンはかなり迫力があった

そのまましばらくオネーサンは無言で俺を引き連れ歩き続けた
え、何コレ、俺怖いところに連行されて臓器売られたりすんのかな
とかビビりまくっていたが、駅前の551の蓬莱の店までくると、ぱっと手を離した


「私ここに用事があるから、じゃあねー」
と駅で別れるカップル演出的なことまでしてくれた
と思ったんだがマジで蓬莱に用事があったようで、
肉まんを3個買って店の隣で食べようとしてた

混乱する頭でとりあえずお礼をしなければならないと思いいたり、声をかけると
「え、肉まん食べたかったの?私の分しか買ってないよ」
3個も食うんかい、ではなくて
「先程は助かりました」
「(もぐもぐ)はい(もぐもぐ)」
「えーっと」
「(もぐもぐ)はい?(もぐもぐ)」
「肉まん好きなんですか?」
「(もぐもぐ)うん(もぐもぐ)」

食うのやめねぇ・・・
むしろ肉まんに夢中で俺の話は右から左だったので、食べ終わるのを待つことにした
「(もぐもぐもぐもぐもぐもぐ)食べたかったらまだ売ってるよ?(もぐもぐもぐもぐもぐもぐ)」
「いえ、俺はいいです」
「(もぐもぐもぐもぐ)うん(もぐもぐもぐもぐ)」
なんだろうこの規格外の美人
助けてもらいながら軽く頭痛がしてきた
15分くらいでぺろりと肉まんを食べ終えたので、改めてお礼を伝えてみた

「さっきは助かりました、カツアゲとか初めてで」
「私もーされてる人初めて見た」
「ありがとうございました」
「おにさん大人なのに弱いんだね」
「オネーサンが規格外だと(褒め言葉のつもり)」
「年上の人にオネーサンって言われたくない」
「え」
「私のが年上のオバサンみたいじゃん!」
「あの、おいくつですか?」
「17歳だよ、おにいさん絶対二十歳超えてるでしょ」

規格外の美人は高校生だった
あれ、俺もしやこれ18歳未満のあれやこれの疑いかけられて人生詰むやつじゃね?
さっきのDQNもグルだったんじゃね?
絡まれた時よりこの時のほうが緊張して冷や汗ダラダラだった
でも特にそんなことはなく、その日はお土産に肉まんを6個持たせて帰った


俺はそれまで生まれてから一度も蓬莱の肉まんを食べたことがなかったのだが、
美味しそうに3つも食べていたのが気になって買ってみたところ、どハマり
それから定期的に蓬莱の店に寄るようになった

3ヶ月ほどしてからか、店の人ともすっかり顔なじみになったある日、
蓬莱の列に並ぼうとしたところで、やたら背の高いセーラー服を見つけた
例の規格外高校生だった
声をかけると「ゆっくんだー!」と言われたが、俺の名前は断じてゆっくんじゃない
また肉まんを奢って、毎週水曜日は学校が早く終わるから
肉まんの日だと教えてもらった
それから水曜日は俺も肉まんの日になり、
二人で肉まんを食べて帰るのが日課になった

以上が俺と嫁の馴れ初め
就職してから俺も嫁も蓬莱のある駅を使わなくなってしまい、
嫁が肉まんを買うためだけに出かけるのがデート代わりになりつつある
スポンサーサイト

お弁当

デート代は8割彼持ちだから、私がたまにお弁当とかお菓子作って
一緒に食べたりするんだけど、この前初めて彼がお弁当持ってきてくれた
どうしたのか聞いてみたら3ヶ月記念日だからだって
それだけでも嬉しいのに、また料理がうまいんだわ
しかもお弁当箱は、私が前に持ってったのを彼が大事に取って置いたやつw


少し年上の彼だけど、かわいくて愛されてるなぁと感じました

不安

相手は電車で一目惚れして以来ずっと憧れてた人。
好きだって口に出してくれないし、向こうから連絡がくることはほとんどない。
だから毎日不安に押し潰されそうだったけど、今日は珍しく向こうからメールがきた。
数通やり取りしたところで向こうから届いたメールは真面目な内容がだった。
「俺は自分からメール送らないし、言葉も口にはしないから不安だろうけど、○○のことを大切に想ってる。だから心配しないで欲しい」って。

泣いた。
愛されてるんだな、って実感した。
もう不安に惑わされることはないだろうな。

お手紙

娘が「パパにお誕生日おめでとうのお手紙書きたい」と張り切っていた
後からこっそり覗いたら
「ぱぱおたんじょうびおめでとう
わたしわ りかちゃんのどれすがほしいです」
と書かれてた

課題

普段しっかりしてて頼り甲斐あってデレる要素なんか全然ない彼だけど2人で家にいるときに私の膝を枕にして背中に手回してくっついてきてもう課題やりたくない…とか言うのかわいすぎる。
ちょっとしたらいつもの彼に戻って課題やり出す。切り替え早い

トイレマット

彼氏に洗濯したトイレマット置いといてって言ったら上下逆に置いてあって、
「普通逆でしょうが!」ってちょっと強めに言ったら「ごめん…」ってしょんぼりしてリビングに行っちゃったんだけど
そのまま掃除してる時彼に呼ばれて振り返ったら何故かカオナシの格好?しながら鶏のモノマネ。
「なにやってんの(笑)」って言ったら「面白いことしたら許してくれるかな~って…」とか言っててスレタイ。

めちゃくちゃ可愛かった。

匂い

彼のTシャツを洗濯して返したら、「○○の匂いする…」と匂いを嗅ぐ彼。
「私みたいに寝るとき匂い嗅いでもいいよー?」と言うと「そんなことはしない」と真顔で言われたが、家に帰ってしばらくすると「嗅いでしまった」「負けた」とLINEがきたこと。

今頃枕元にでも置いてるのかなぁ

残業

普段は基本週末しか会えないけど、
たまたま火曜日に用事があって彼の家にいくかもしれないと
その日の昼に連絡したらなるべく早く帰ると言うので、
最近彼の仕事が忙しく残業で遅くなることが多いから
私のことは気にせずに仕事してくださいと言ったら
大丈夫と返事がきた

家でご飯を作って待っていようと思ったら
もう帰ると連絡がありいつもより早く帰ってきた
食事中
「平日も会えるなんて得した気分」
「会うなら少しでも長く会いたいから早く帰るために昼休みも取らずに仕事しちゃった」
等の事をニコニコしながら話す彼をかわいいと思い
自分もつられてニヤニヤしてしまったwww

今日妹の結婚式

俺の馴れ初め

6才下の妹が助けを求めて大学凸してきた時
俺を探し回った上にその後の修羅場にも力を貸してくれた
っつーか主体となって色々動いてくれたのが今の嫁

今日妹の結婚式で二人で号泣してきた
色々とよぎって寝れんわ


俺が大学3年の時、中3の妹が突然大学にきた
授業終わりに友達に綺麗な子がお前探してるよ告白されんじゃね?
とか言われて部屋の外出たら
超綺麗かつ黒髪ロングストレートで好みドストライクの嫁が!<ここで俺一目惚れ
こんな綺麗な子うちの大学にいたっけ?
どこかで会ってて俺に会いにきてくれたのかな?
などとありえもしない妄想がスパーク

嫁「あなたが○○(俺の名前)さん?」
俺「はい」
嫁「ちょっと一緒にきてくれる?」
俺「はい!よろこんで!!!!」

なんだろなんだろ?wktkしまくりだった俺
さては告りたいけど周りに人が居るから恥ずかしがってるんだな?
クールっぽいのに可愛いとこあんじゃねえかと激しく妄想ス(ry

周りに人が居なくなった頃
嫁「妹さん待ってるから」
俺「?????」
妹「○○(妹フルネーム)さん 俺さんの妹さんなんでしょ?」
俺「そうだけど」
で嫁さんが所属してた部の部室に連れていかれた訳だが
wktkからの落差でドン底な俺は不機嫌になってた


嫁「妹さんお待たせお兄さん見つかったよ」
妹「嫁さんありがとうございます。お兄さん久しぶりです」
俺「ああ。で?」
妹「高校行きたいんです。それまで家に置いてくれませんか?」
俺「つか中2?3?だっけ?黙って出てきたなら戸籍上何も関係ないから
  俺が家に置いたら誘拐になるし、進学つったって
  まずご両親説得してそれからじゃねえの?」

そんな感じで不機嫌まま冷たく言い放って妹置いて部室出たとこで後ろから

嫁「あなた馬鹿なの?」
俺「は?」
嫁「あれだけ痩せて服も廃れて高校行きたいからって理由で家出
  これだけ揃ってて何もわからないの?
  確かに学生のあなたの手には余るだろうけどどう見ても虐待でしょう?
  少なくともどういう状況なのか聞くくらいの人の心すら持ち合わせてないの?」

正直妹の様子とかほぼ目に入ってなかったことに言われてから気づいた俺バカス

妹と書いてるが正確には異父妹なんだ
俺の母親と不倫相手(以後糞とする)の子で6才くらいまで家に託卵されてた
妹が怪我で入院した時の検査で妹の血液型がBだと発覚
なんせ俺両親全員O型w
親父に詰問された母親が不倫&託卵自白
その後両親離婚
俺→親父と実家へ
妹→母と糞のとこへ(後に再婚し妹は糞と養子縁組済)

離婚の条件やら制裁やらは俺もまだガキだったしよく知らんが
元は大手企業の社員だったらしいが
業務時間内の社用車利用の不倫がバレてクビ
親父は弁護士だからきっちり詰めたせいだとゲスパー

そこからあれよあれよと転げ落ち
数年のうちに立派なサイマーパチンカス夫妻となったらしい
(ここらへんは後に分かったことも含めて書いてる)

その後俺は母妹ともに接触なく
母方祖母の葬式で祖父に塩撒いて追い返されてたのをチラっと見ただけで
生活状況やなんかは全く知らんかった
この時突然会いにこられるまで申し訳ないが存在すら忘れかけてた


改めて妹から事情を聞いたら
飯は給食以外ほぼ食ってないわ
何かねだったり逆らったり機嫌が悪かったりすると
失神するまで水風呂に頭つっこまれ、その場で放置
ありとあらゆる虐待を受けてた

そういうものだと思って耐えてたが
金がなくて借金取り(893)がしょっちゅう家にくるようになってしばらくした後からは
育ててやったんだから恩返ししろと
家に来る893に奉仕させられてたらしい

さすがにおかしいと思ったが
水責めが怖いし追い出されるしと吐きながらも続けてたそうだ



んで俺のとこにきた前日

糞と母が一番高値つけたところに妹を売ろうという相談をしてて
そのために純潔は守らせただの
警察に駆け込まれないように妹は騙して
高校の下見に知り合いが連れていってくれるって言ってそのままサヨナラだとか
万一警察に駆け込まれても証拠ねえし大丈夫とか

笑いながら相談してたのを聞いて
自分がされてたのは警察に捕まることなんだとやっと気づいたそうだ

俺の大学のことは親父の生活ぶり含め
どこからか聞いてきて話題にのぼってたから聞いて覚えてたらしい


そこからは嫁の発案で
色々フェイク混ぜまくって妹の状況を友達のこととして
親父に相談して弁護士紹介してもらって
親権停止やら保護措置やらやってもらって無事逃亡して一人暮らしの俺の家へ

妹で遊んでた893と糞と母は
そっちの関係から手を回してもらって糞はどっかのタコ部屋行き
母は風呂落ち その後はシラネ


妹が兄とは言えよく知らん男と二人きりが怖いといけないからって理由で
嫁もしょっちゅう家にきてくれてた
付き合ってすらいなかったんだが
そんな状態が半年くらい続いた頃にだいぶ元気になった妹が

「兄ちゃんと嫁ちゃんって夫婦みたいだよね!でも付き合ってないんでしょ?
信じらんなーい。こんないい女の人居ないのに見る目なさすぎ!」
とニコニコ言った時

そうだ!ずっと一緒に居るけど付き合ってすらもらえてないんだ
きちんとせねば!と
今更だけど付き合ってください!って告ったんだが
恩返しなら要らないよーと笑ってスルーされた

次の日薔薇の花束買って
実は一目惚れでした!
妹が大変な時なのに俺最低だけど一緒に居れて正直楽しかったし
他の女とこの先一緒にとか考えられないし
一緒に居れば居る程どんどん好きになっちゃったんです!
俺と付き合うことが恩返しだなんてとんでもない!
でも恩は一生幸せにすることで返させてください!!!!

って今思えばいきなりプロポーズだった俺orz
ちょっとうるっとしながらOKしてくれてその後嫁になってくれました

後で聞いた話じゃ
でかい大学だったし嫁は3年時に転入してきたからお互い顔も名前も知らずだしで
教務課行ったり知ってそうな奴に片っ端から聞いたりと
俺見つけるのに1コマさぼるくらいの時間がかかったそうだ

そんな必死に探してくれたのに俺ときたら・・・
あの頃の俺にドロップキックかましたい

ちな嫁さんは被虐待児で18の時に毒姉に名前使われた借金で
893に事務所連れてかれて暴行うけかけた経験アリ
その関係で知り合いが居て動いてもらったらしい
この件で貸し借りチャラになって以後関係はない

顎をクイ

映画や食事などのデートは何度もしていたが、かなりの年齢差があるので「好きだけど恋愛感情では見れない」と断られ続け、
その日も帰りの車の中で断られ、
とうとう抑え切れずに「何で大人って世間体ばかり気にするの?!」と泣いてしまった

泣きじゃくる私の顎をクイッと持ち上げてキスしてきた
ビックリしすぎて泣き止んだけど、なんかドラマみたいだった

アルバムの下

男友達数人と彼氏の家にとまりで遊びに行ったとき(友達はまだ付き合ってること知らない)
彼の中学高校の卒業アルバムみんなで見ながら、
そのアルバムの下で彼と私の手がちょっとだけどずっとくっついてた。
違和感あるだろうなとかおもったけど、その状態でいたくてないごともないかのようにすごした。

そのあと、彼と私以外みんな寝ちゃったとき、隣にいるのになんでかメールしてて、
すごく彼に触りたくなって、手だしたら握ってくれた。
どっちも手さわってるだけなのに、すごくドキドキした。
そのあと友達の一人が起きた時、ぱって手離されちゃったときは、しょうがないけどちょっとさみしかった。

荷物もち

買い物をしたあと、お家まで帰るときのこと。
スーパー出て彼氏が自分から
「荷物もつよー」と言って持ってくれたのに急に
「ねえねえ、この荷物、鳥が止まってる電柱交代ね!」
とか言い出した。(小学生がジャンケンで荷物持ちするような感じ)

で、意外と帰り道に鳥が止まってる電柱があって何回か交代してたんだけど、
私が持ってる時も必死に鳥がいる電柱を探してて
「あ、あそこ鳥がいるよ!俺が持たなきゃだ!」とか言ってて可愛かった。

道に迷ったお婆さん

デートでふたりで歩いていたら
お婆さんが何やら困っていた。どうやら道に迷ったみたいで
彼はお婆さんに声をかけてスマホ使って行き先検索してあげようとした。

でもお婆さんが言う行き先がマップで出てこないみたいで
「あれ? どうしよう。場所が出ないや」ってオロオロしはじめて
お婆さんも「すみません、すみません」ってオロオロしはじめた。

結局私にお婆さんを任せて彼が歩いて周辺探しに行って20分くらいしたら帰ってきた。
「お婆さん見つかりましたー」って叫びながらニコニコしながら走ってきて
周りの人の注目浴びまくった。

「あっちですよ、行きましょう」って駆け出したから
「走ったらお婆さんが追い付けないよ?」って言ったら
ニコニコ顔からいきなりシュンとした顔になって
「ですよね。すみません」
結局3人で目的地まで歩いて行った。

お婆さん送ったあと、
「デート中にあたふたしてごめんな」って言われたけど
全然謝んなくていい。
むしろもっと好きになった。

言葉にしない彼

あまり「好き」と言葉にしない彼。
最近言われてないなぁと思ったので「ちゃんと言ってほしいなー」と言うと
「やだ…///」と照れている彼

だめかーと思った矢先
「すき」と囁いてちゅーされた

かわいいわ、もう

褒めてくれる

たまに服とかイメチェンした時とかにさりげなく褒めてくれるんだけど
「かわいい」「似合ってる」とかの肝心の褒め言葉だけものすごく声がちっちゃくなっちゃって
すごく可愛い
カウンター
カテゴリ
ブログランキング
応援お願いします♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
最新コメント
リンク
2chNode
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。