スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不気味な横運動

20時頃用事があって駅に向かって歩いていたら前を手ぶらで歩いていく女の子(20歳くらい?)が目に入った
帰宅ラッシュでほとんどの人が逆方向に歩いて来る中駅方向に向かうのは私たちくらい
その時突然女の子が不気味な横運動を始め、物陰にサッと隠れて携帯で電話をかけ始めた様子
気になりつつも見て見ぬ振りして通り過ぎたら向こう側で携帯で電話に出てそのままニコニコ通話しながら歩いてくるスーツ姿の男性を発見して全てを悟った
ラブラブなんだろうな
スポンサーサイト

パチンコ屋

昔働いてたパチンコ屋で見かけた老夫婦。
おばあさんが大当たりをして台に備え付けてある箱が玉でいっぱいになった。
大体のお客さんはそこで店員を呼んで新しい空箱を貰うんだけど、そのおばあさんの箱はおじいさんがせっせと変えていた。
「こちらで変えますよ」って言うと、「いいんだ、俺がばあさんのを変えてやりたいんだ」っていってて、
あぁ、仲の良いご夫婦なんだなぁ。とほっこり。

改札

改札に向かってたら早足の女性に追い抜かれた。
改札の向こうに彼氏がいたんだけど、残高が足りなかったらしく閉まる改札。
ぶつかる彼女。笑ってる彼氏w
結局追いついちゃって、早く会いたかったんだよ~足りると思ったんだよ~って恥ずかしそうに言ってるの聞こえて萌えた

レンタカー

レンタカー借りに来たカップル。
彼女さんの方は派手というか華やかで如何にも遊んでそうなタイプ。
彼氏さんは黒髪眼鏡で真面目で大人しそう。
手続きしてる間に地図を見て彼女さんが凄い的確に場所と時間を言ってた。

「詳しいんですね。その場所に行くなら晴れて良かったですね」と声を掛けると
「そうなんです!先週の予報じゃ曇りだったので神社に毎日晴れろ~!ってお賽銭入れに行きました!」
と笑顔で答えてた。
「地図くらい読めないと助手席に座ってるだけじゃ申し訳ないし…。Googleマップでも予習しました!」
と更に笑顔。
彼氏さんも「いつも完璧なプランをありがとう」とニコニコしてた。

返却の時も「お陰様で楽しい旅行になりました」ってお土産まで貰ってしまったww
初見は彼氏さんが遊ばれてそうに見えたけどめっちゃ尽くされてた。
あぁいうの羨ましいなぁ…ほのぼのしたよ。

身長差のカップル

信号待ちで20センチくらいの身長差のカップルが私の前にいた。
彼氏くんが彼女の耳元でなにか言うと彼女さんが繋いでた手を離してくるっと後ろを向いた。
喧嘩しちゃったのかな、っておもってたら
彼氏くんが彼女さんのマフラーを後ろで結んであげてた。
そのあとに彼氏くんもくるっと後ろを向いて今度は彼女さんが彼氏くんのを。
一生懸命背伸びしてたけど彼氏くんが気付いたのか
空気椅子みたいな格好になってた。
かわいいなぁ、ってほのぼの。

公園

大型ショッピングセンターの横の公園でギャルっぽいけど服装はカジュアル系な可愛いお姉さんが座ってた。
ショップの店員さんかなぁと観察していたけどそうでもなさそうで、私も友達待ち中でなかなか来ないからずっと見てた
しばらくしたら作業着を着た、小池鉄平と松坂桃李を足してちょっと厳つくしたみたいなイケメンお兄さんが登場。
お姉さんの横にどかっと座ってお姉さんが取り出したお弁当を食べながら話していた。
ふたりで公園でお弁当とかいい!ってニヤニヤしたけど、お兄さんは疲れている様子だしあまり時間がなさそうな雰囲気。
今から○○(県外)に行くとか、帰りは予想つかないとか今日は帰れないだろうから実家帰ってなとか色々聞こえて(高速使えないとか渋滞って聞こえたからトラックの運転手かなと勝手に確信)
ごちそうさんって立ち上がったお兄さんが、お姉さんの頭くしゃくしゃって撫でてお姉さんもにこにこ笑っててすごいほのぼのした。
けどお兄さんが立ち去った後、お姉さんが佇んでるのがなんだか切なかった…
いつ帰ってこれるか分からないんだもんね…

こういう人たちがいるから食材買えるんだな…感謝しよう

生きがい

平日のランチタイム、田舎のファミレスにて。
店内に自分と老夫婦しか居ないのと席も近かったため
申し訳ないけど会話が聞こえまくる。
しかし老夫婦かと思いきや、どうやら違う模様。

「最近電話代が高くてね...」
「電話は要件だけにしよう。俺から電話するようにするし、長電話は会って話すようにしようぜ」
「この間3時間くらい話してたわよね、何話してたかも覚えてないわ」
「そういえば○子、あの時~~って言ってたよな」
「そうだったかしら」
「そうだよ」
「よく覚えてるわね、私全然覚えてないわ」
「俺は○子の言うことならなーんでも覚えてるぜ」

みたいな彼からの好き好きアピールが凄かった。
「今度同窓会があって美容院行かなきゃなのよね、髪型悩むわ」
「それはさ、あれだよ、俺が出すからよ、行ってきなよ」
「うーん、髪型がね悩んでるのよね」
「うん、そうだな、ま、俺が出すからよ、なんだ」
「いや...それはいいわよ」
「俺は○子にいつだって綺麗でいて欲しいんだよ!」
「だって一生懸命働いたお金をそれは良くないじゃない」
「男ってのは何かの為に働かなきゃ家帰って飯食ってTV見て寝るだけなんだよ。
何かの為に働くのが生きがいってもんなの!」

ここまで聞こえてるのほんと申し訳ないので言う機会がなくここに吐露。
青春というのはいくつになっても同じなのだなと思いました。

倒せるタイプの座席

私も彼とプラネタリウムに来てて、横もカップルだった。
私の横にガタイのいい彼氏さんがいて、その隣が彼女さん。
席が後ろに倒せるタイプの座席だったんだけど、彼女の方が彼氏さんの席のボタン押したらしくて、
すごい勢いで彼氏さんが後ろにのけぞったw
うわあ!お前そのボタン俺の座席のだよ!っていう彼氏さんと、横で笑ってる彼女さんが
すごく楽しそうでほのぼのした。

高校生の男女

電車で高校生の男女が楽しそうに会話をしてた
そこに同じ制服を着た知り合いらしき女の子がそのカップルの男の子に話しかけてきて、なんだか気まずそう。
少し話をして、その女の子が電車を降りた。「ばいばーい」って手を振りながら。
さて、修羅場か?とワクワクしながらそのカップルを見てると、彼女さんは男の子が他の子と話してたことに特に関心もなかったみたい。
だけど男の子は「ち、違うから!今の、いとこだから!ほら、あのクラスの……」なんて焦りながら話してた。
1人心の中でにやにやしながら可愛いなぁって思ってた。

おばあさんのお尻

スーパーの生鮮食品売り場で老夫婦が二人で買い物してたんだが
いきなりおじいさんが爆笑しながらおばあさんのお尻を
わさわさわさっ!と豪快に揉みしだいた
尻揉まれたおばあさん「オーホッホッ」と爆笑

なんだかよく分からんくてこっちまで大爆笑してしまった

老夫婦

ちょうどバレンタインシーズンだったと思う

ショッピングセンターで自分の買い物を済ませて、バレンタインコーナーを通り過ぎたとき

老夫婦が二人で手を繋いでチョコを選んでいた
二人で あれこれ指さしながら笑顔で選んでいるのを見て
こういう夫婦になりたいなとちょっとほっこりした

本屋さんで待ち合わせ

本屋さんで待ち合わせしてたらしいカップル。
エスカレーターで昇ってくる彼氏と本棚の陰に隠れて待ち構える彼女。
満を持して両手を上げながら本棚から飛び出す彼女とやたらと大げさなリアクションで驚く彼氏。
何故か二人とも終始無言。しかしながら満面の笑顔。
可愛すぎた。

遠距離

私は電車で3時間の距離で遠距離なんだけど、帰る時は、毎回彼が特急に乗り込むまで一緒にいてくれるのね。
並んでる私たちの前に、キャリーバッグもったカップルがいてすごく楽しそうにしてた。
ニコニコしっぱなしで、あー旅行帰りなのかなーって。

私は今から彼とまた一ヶ月会えないなあ、いいなあって見てた。

電車が来て、前のカップルが乗り込むと思ったら、女の人だけ乗り込んだ。
それに続いて私も乗り込んで、前のカップルの男の方と、私の彼がホームに残って並んでる状態。
そこで、私と女の人は、知り合いでもないのに、この人も遠距離なんだってお互いに思って
目があって、ちょっと話した。

扉しまって、扉の向こうで私の彼と男の人が手を振って、私と女の人も手を振った。
私の彼と、男の人が何か話してた、照れ臭そうな顔してた。
扉しまってるから会話は聞こえなかったけど。
なんかすごい和んだよ。

大きいハンバーガー

マックで大きいハンバーガーが毎週出てた頃に、
並んでるカップルがしてた会話。

男「お前あれ食べた?」
女「食べたよ!」
男「どうだった?」
女「食べ終わったら、もー入らん!って感じだったよ。」
男「お前の胃のキャパを聞いてんじゃねえよ、味を聞いてんだよw」

って会話してて和んだ。

すれ違う下りのエスカレーター

乗ってたエスカレーターとすれ違う、下りのエスカレーターにいたカップルらしき二人組
前列の女の人の頭に、後列の男の人が少しかがんで顎を乗せてた。真顔で
彼女も抵抗するでもなく、真顔でぼんやり前見てた
二人とも終始無言ですーっと通り過ぎて行く様は、あまりにもシュールで少し笑った
カウンター
カテゴリ
ブログランキング
応援お願いします♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
最新コメント
リンク
2chNode
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。