スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肩を抱いてあげてた

電車に乗ってたら、空いた席にカップルが座ってた。
そしたら彼の方がウトウトしだしたのを彼女が見て、
そっと肩を抱いてあげてた。
彼はちょっとニコっとして彼女の肩に頭を乗せて
やがてすやすや眠り始めた。
そういうのって男がするもんだなと勝手に思ってたから
そのときはちょっとほっこりした。
スポンサーサイト

落ち着いた大人カップル

職場で見かけたほのぼのカポー。
カップルで来店。彼女のほうが年下のようだが、とてもしっかりした印象。
彼氏もしっかりしてて穏やかそうだから
「あぁ、このカップルは落ち着いた大人カップルだなぁ」と勝手に思っていた。
接客が終わり、お見送りのため外に出たが、彼女のほうは気付いてない様子。

すると、子供のようにテコテコッと彼氏に駆け寄って
「ふっふー☆楽しいねー♪」みたいなことを言いながら、彼氏のわき腹をつっついてたw
彼氏はお見送りに気付いていて「やめなさい(笑)」と彼女をなだめてたw

彼女のギャップが可愛いなぁと、ほのぼの。

ご褒美のものあげる。目瞑って

テストがあったから3週間ぐらい会えてなかったんだけど、やっと会えた昨日駅から家まで彼に送ってもらうことに。

いつもは私の家の前で繋いだ手を離してばいばいで帰るんだけど、その日は離そうとした手を彼が離さず彼の方に軽く引き寄せられた。

びっくりしてたら彼が「テストお疲れ様」って頭撫でてくれた。
それだけでも嬉しくて照れてたら「お腹すいてるっていってたからご褒美のものあげる。目瞑って」
と言われ目を瞑ると、あごをクイッと上げられてそのまま優しいちゅー…

もうドッキドキで目開けたら「びっくりした?wごめんねw」って今度はぎゅー。
されながら耳元で「会いたかった」って言われてもうねw

一気に初めてのこと3つもされてほんとにやばかった…

助手席の彼と目があって

私が彼を車で送ってった別れ際に、助手席の彼と目があって、
彼の目が僅かに冴えてみえたと思ったら、
両手で抱き寄せられて、キスされた。
ふにゃっと柔らかかった。
出会ったときから、彼にはやわらかな印象を抱いていたけど、キスもそのイメージ通りの感触だった。
1~2秒くらいで離れていくところも、彼らしくて、幸せな分だけさみしさがつのってきて、
私が「さみしい…」と漏らすと、
彼は愛おしげな、少し照れたような、でもお兄さんみたいな笑顔で、
「さみしいとか言わないの」とハグしてくれました。
帰っていく彼に大きめに手を振りました。
幸せな夜だった。。

電車内で

向かいに座っていた20代カップルと、その隣にいた膝の上に3歳くらいの子をのせたお母さん。
お母さんはかなりの荷物を持っており、その整理をしていたら子どもが隣の彼女の膝へ移動。
母親「あ、すみません!」
彼女「いえいえ(^^*)可愛い~」
彼氏「可愛いなあー(子どもと目を合わせる)」
子ども「・・・プイ(反対方向を向く)」
周囲を含め、ついニヤッと笑ってしまう一同w
母親が荷物をまとめている間、子どもは彼女の膝の上に。カップルは子どもを見守りながら小声で談笑。
しばらくして、子どもが彼女の膝の上で寝落ちした時は本当に癒された。

手料理

スーパーで買い物してた時のこと。
彼女が魚のパックを彼氏の持つカゴに投入。
「何作ってくれるの?」
「何だったら食べてくれんの?」
「おいしいもの」
「できません。うちでは、そこそこしか取り扱ってません!!」
「えー、じゃあ…味噌煮」


彼氏がご飯作ってあげるんだって。

あなたは天使のような女性です。

妻に愛していると、近頃は伝えられていないと思い。伝えました。
いざ言うとなると上手く伝えられない可能性があると感じ、手紙を読むという形で決行

0時頃、二人でテレビを見ているときに「話したいことがある」と切り出しました
割と真剣な表情で声をかけたからか嫁は「どうしたの?」とテレビを消して次の言葉を待ちました。
そこで件の手紙を出して読みました。

「唐突ですが、伝えたいことがあります。今年で結婚して10年が経ちますね。
昔は愛してるだの、好きだの、よく言葉に出していたような気がしますが
最近あまりそういった言葉を口にしていないと感じたのでこうして手紙をしたためました。

私はあなた(実際の手紙には名前で書いてます)に出会えて本当に良かったと。
今、あなたとこうして一緒に過ごせている事が一番の幸せだと常々感じております。
あなたは、不細工で彼女も出来たことのないような私を人生の伴侶としてくれました。
今でも私の親に「本当にこの子でいいの?」と聞かれた時に
「○○さんだからこそ、結婚したいんです」と言ってくれたことを覚えております。


あなたは天使のような女性です。
私が会社を辞めて起業したいと相談をもちかけた時、周囲は反対していましたが
あなたは反対するどころか応援してくださいました。

従業員を雇う余裕が無かったときには事務兼秘書として私の事を支えてくれました。

取引先企業に騙されて大きな負債を負ったときもあなたは、ただ励ましてくれました。
「大丈夫。もしも会社が無くなっても私はいなくならないから」と言ってくれましたね。

弱気になっていた私は、あなたの為に頑張ろうともう一度奮起できました。
秘書、そして妻として色々な社長にあなたを紹介していた事が功を奏して
「あんな良い嫁さん、苦労させちゃいけないよ」と助けてくれた取引先の社長もおりました。

あなたがいたから、業績も安定して今こうして一緒に穏やかな生活ができている。
会社の社員に家庭、家族を優先しなさいと言うようになったのもあなたのお陰です。

私はあなたを好きです。愛しています。
これからもずっと愛し続けます。私の青い鳥としてこれからも傍にいてください。」

と読み上げました。嫁は軽く頬を染めながら私に近寄ると抱きついてきて
「こちらこそ、末永く宜しくお願いいたします。」

と返事を頂きました。

こちらのスレを見て、改めて想いを伝えられて良かったです。
これからも妻が喜ぶことは何でもしていこうと思います。

バドミントン

とある芝生の公園で姪っ子とボール遊びをしていたら
カップルがバドミントンセットを手にやってきた。

いいなーバドミントン、久々にやりたいなー
とか思いながらも姪っ子の相手をしていた。

カップルはしばらく楽しそうにバドミントンをしてたんだけども
姪っ子とベンチで休憩し始めたころに

彼氏「俺の右腕が・・・!」
彼女「神の怒りの雷が・・・!」

と突如厨二臭い展開になっていた。

しかしお互い攻めることもなく普通にラリーしてるんだけども
打ち返すたびに厨二丸出しの技名を叫ぶんだわ。

不覚にも笑った。

あーん

屋台が並んでるようなイベント会場へ行った時の事
満席でテーブルがあいてなくて、家族連れ以外は殆ど立食状態だったんだが
近くに立ってたカップルの彼女が二人分の飲み物を持ってて
彼氏が食べ物を持ってて、交互に自分が食べては彼女にあーんして食べさせて、ってやってた
どっちも20代くらいと思うけど、親子みたいなやりとりでほほえましかった

チロルチョコきなこ餅味

コンビニのレジで前に並んでた、仕事帰り風のカップル。
スーツ姿のしっかりしてそうな彼女と、作業着?姿の優しそうな彼氏。
カップルの前にいるお客さんが会計中、彼女がレジ横を見つつ小声で
「ねぇねぇ、チロルチョコきなこ餅味だって!」
彼氏「なに?ほしいの?w」
彼女「うんw」満面の笑みw

カップルの会計になると、彼氏がチロルチョコを1個とって、かごに。
会計後、彼女が「ありがとう」というようなことを言いながら
彼氏に「ふふふ♪」とニコニコしてたのが、よかったw

産婦人科の待合室

産婦人科の待合室にて。
明らかに場違いな長身イケメンさんがひとりでそわそわ座ってた。
診察室からこれまた美人な彼女さん(奥さん?)が出てきて、イケメンさんに何かひとこと。
(聞き取れなかったけど、口の動きから「ふたごw」ではないかと推察してる)
旦那さんは「!!」って顔して、すっごく嬉しそうに奥さんをぎゅーーーーって抱きしめてた。

コンドームが中で外れて取れなくなった私は、トホホと思いつつほっこりそれを眺めてた。

彼の片手が

付き合って初めてのデート。
私が車を出したので家まで送っていった。

シートベルトを外しながらお礼を言われた。
照れながらどういたしましてと伝えると
「目、瞑って」と言われ彼の片手が目元を覆い
目隠しされた状態で初ちゅー


後にも先にもアレが一番ときめいた。

最後お別れする時

空港で近くに座っていた大学生っぽいカップル。
たぶんお別れしたら長い事会えないのか、彼氏のほうがずっと泣いてて、彼女のほうはニコニコしながら彼氏の頭をなでたりしてた。
彼女のほうは結構冷静なのかなーって思ってたら、
最後お別れする時に抱き合って、
お互い手を振ったあとに一気に彼女のほうが泣きだして、「良いカップルだなあ」って和んだ。
あんなカップルになりたいなあ。

客のマナー

ファミレスで隣にいたカップル
会話の流れ的に接客業の同じ職場同士みたいで客のマナーについて二人して話してた
んでファミレスの店員さんがその席に来るたびに二人でしっかりと頭下げながら笑顔でお礼を言ってて見てて和んだし感心した
礼儀正しいカップルは見ててほのぼのするね

新幹線改札口

先日見た美男美女カップル、新幹線改札口間際。
こっちも遠距離で別れ際だったにも関わらず、二人して見ほれてしまったw
最初は彼女笑顔だったんだけど、彼氏になにか言われた瞬間ぶわーって泣いてて、
その泣き顔の美しさに彼氏が「うわああきれい…」って言って、
普段なら嫉妬しちゃうんだけど、もう映画かドラマみたいで思わず同意してしまった。
二人とも今風ではなく、彼氏好青年系、彼女楚々とした和風美人でオーラあったな。
でも彼女が彼氏の差し出したティッシュで豪快に鼻かんでて、台無しだけどほのぼのした。
カウンター
カテゴリ
ブログランキング
応援お願いします♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
最新コメント
リンク
2chNode
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。