スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜思い切って言ってみようと思う。

俺41歳、嫁27歳。
いい年して稼ぎが少ない俺に文句のひとつも言わず、いつもおいしい料理を作ってくれる嫁。
去年、会社の経営不振で俺がリストラされたときも、
ずっとそばにいてくれて俺を慰めたり励ましたりしてくれた。
会社が退職金を出し渋ったときには、知り合いの弁護士まで紹介してくれた。

結婚して4年、一度も「愛してる」って言ったことなかったけど、
先月ようやく新しい仕事も決まったし、今夜思い切って言ってみようと思う。

------------

後日。

晩飯食った後で、洗い物してる嫁を後ろから抱きしめて、
「○○ちゃん(←結婚前に言ってた呼び方)、愛してるよ」
って言ったんだよ。
そしたら嫁が固まってさ。
俺もどうしていいかわからなくてそのまま固まって。

そしたら嫁がいきなり振り返って、
「どうしたの?なにかあったの?」って聞いてきて。
「別に、何もないよ」って答えたら
「本当に?職場で叱られたんじゃないの?」
「なにかつらいことがあったんだったら言って!」

「新入社員なんだもん、ミスするのもそれで叱られるのも当たり前なんだよ?
誰だって最初はそうだもん、恥ずかしいことじゃないんだよ?」
って言われて、俺もついその言い草にカチンと来ちゃって、
「なんでそんなこと言うんだよ!何もないって言ってるだろ!」
って、つい怒鳴るみたいな言い方しちゃってさ…。

その後、嫁は
「ごめんね、変なこと言ってごめんね」
「○○さん、毎日お仕事頑張ってるんだもんね。
私、バカだから、変な勘違いしてごめんね」
って、何回も謝ってきた。

でも俺は、正直なんて言っていいかわからなくて、
嫁が淹れてくれたお茶も飲まずに自室に戻ってきてしまった。

こうして改めて書いてみると、ほんと俺って最低だな…。
嫁に心配ばっかりかけて、ろくに愛情表現もできなくて…。


居間に戻ったら、嫁がコタツに入ったまま泣いてた。
お茶も茶菓子も手付かずで、俺が居間に入っていったら真っ赤な目でこっち見上げてきたから、 思わず抱きしめて「ごめん、さっきごめん」って言った。

「ううん、私が悪いの。私がバカなこと言ったから…ごめんなさい…
もう、怒ってない…?」
「怒ってない、全然怒ってない。俺が悪い、○○は全然悪くない。ごめん」
って言って頭なでまくったら、嫁がいきなり号泣しだした。

「いろいろ思い出しちゃって、○○さんが『会社駄目になった』って帰ってきたときのこととか、 それで怖くなって…」
「でも、嬉しかった…びっくりしたけど…プロポーズの時も、結婚するときも、
好きとかそういうこと…言われたことなかったから…
そういうこと言わない人なんだと思ってたから…」
「私よく好きって言っちゃうから、でも○○さんは絶対言わないから、
私ばっかり好きなのかなと思ってて…でも私は○○さんのこと好きだから、
一緒にいられるだけで嬉しいから…それに、もちろん大切にしてもらってるのはわかってるし…」
「だからね、すごく嬉しかったの…なのに、私ひどいこと言った…」
そっからは言葉にならなくてもう嫁ずっと号泣してた。
俺までちょっと泣いてしまった。
「好きだよ、好きって言いたかっただけなんだよ、ごめん」
って言ったら嫁、さらに号泣…。

よく考えたら、しょっちゅう嫁は俺に好きって言ったり、手紙くれたりしてたんだよな。
嫁が「泣いちゃったから」ってシャワー浴びに行ったから、
自室に戻って、バレンタインデーにもらった手紙読み返してみたら、
「来年も再来年も、何十年後も、ずーっとそばにいさせてね。大好き!」
って書いてあった。
嫁はそういう手紙、誕生日とかクリスマスとかにいつもくれるんだよ。
絵とか描いてあってさ。
でも俺は一度も手紙なんて書いたことなかった。
好きとも言ってなかった。
言わなくてもわかってるだろうと思ってたし。

嫁がこんなさみしい思いでいたなんて、全然知らなかったよ…。

コメントの投稿

Secre

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
応援お願いします♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
最新コメント
リンク
2chNode
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。