スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性に女子がしてはいけない行動

落ち込んでいる・疲れている男性に、女子がしてはいけない行動とは?

女子は、落ち込んでいるときは、とにかく誰かに話を聞いてもらいたいですよね。
ひとりで悶々としているなんて耐えられない。
好きな人がもし話を聞いてくれたらとってもホッとするし、「君は間違ってないよ」と言ってくれたら、救われたような気持ちになります。
女性は、他人とのコミュニケーションによって精神が安定する生き物。
逆に、コミュニケーション上のストレスにはめっぽう弱いと言われています。

なので、付き合っている男性の元気がない、会社で何かあったみたい……となると、俄然張り切って「聞き役」を買って出てしまう女子も多いはず。
もしくは、何も相談してくれない彼に不信感を抱いて、「どうして私に何も相談してくれないの? 私ってそんな程度の存在?」とか思っちゃう。

しかし、
男性は、大概落ち込んでいるときほど放っておいてほしいんです。
「何も言わずにそっとしておいて。ひとりで内にこもるから!」って感じ。
男性にはそもそも、悩みをコミュニケーションの中で解決する習慣がありません。
どうでもいい愚痴だったら言うのでしょうけれど、心底自分が悩んでいたり落ち込んでいたりすることに関しては、あまり人に言いたくないはず。
ましてや彼女には、落ち込んでいる自分の姿など見せたくない、と思ってしまうことも多いです。

なので、
彼が落ち込んでいるときは、黙って見守ってあげるのがよいのです。
根掘り葉掘り聞き出そうとしたり、精一杯なぐさめようとしたりするのは、男性からするとありがた迷惑になります。
話を聞くのは、男性がある程度心の整理がついて、自分から話したいと思ってからで十分。
そうでないときは、余計な気をまわさないことです。

ときどき、落ち込む男性につられて自分まで落ちてしまう女子もいるようですが、これまた迷惑千判。
彼の悩みを自分のことのように感じるのは女性特有の感受性ではありますが、ここは、あえて自分とは切り離して、明るく気丈に振る舞いましょう。
たとえば、彼がうつ病になったとか、失業したとかなど。
相手が深刻にピンチなときほど、心を強く、彼を信じて明るく振る舞うのが、男性のしてほしいことだったりします。

男性が激務などでクタクタになっているとき、女性は、ついつい母性本能からこまごまと世話を焼きたがります。
部屋の掃除をしたり、料理をつくったり。
でも、男性はそういう行為にあまり価値を見出しません。
それどころか、押しつけがましく思ってしまうことも。
ちょっと、お母さんをイメージしちゃうからかな。

疲れているときの男性は、やはり、そっとしておいてほしいと思うもの。
もししてほしいことがあるとしたら、仕事などでがんばっている自分を「すごいね」とほめてほしいのです。
会えなくても文句を言わずに、ただ優しくがんばりを認めてくれればそれだけで癒されるものなんです。



少しでも参考になったら、応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ

コメントの投稿

Secre

カウンター
カテゴリ
ブログランキング
応援お願いします♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
最新コメント
リンク
2chNode
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。